ブログトップ

青玉連邦外文明事務局(臨時) : Cyanosphere Chronicles

cyanos.exblog.jp

「スペースオペラ3DPV」公式

カテゴリ:まとめ( 1 )

マイリスト(ニコ動) S.C.1454: Cyanosphere Federation
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/15211643

解説(ニコ百) 「3Dスペースオペラ・ミク船長シリーズ」
http://dic.nicovideo.jp/a/3d%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%AF%E8%88%B9%E9%95%B7%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA


e0278448_12283045.jpg




用語解説1:

===S.C. (スージャン・カレンダー)==================================-
青玉星系で使われている時間表記法(カレンダー)。スージ惑星で考案された。現在はS.C.1454年である。「日」や「月」は使われておらず、1年は10000時間とされている。これは青玉星系の惑星の自転周期がそれぞれ違うため「日」が意味を成さないからである。例えばS.C.1451 9500時はスージ惑星では自転周期が30時間なので「11月13日」相当になるが、一方ヒラーク惑星の自転周期は20時間な為、「16月(?)20日」になってしまう。

「時」と季節には相関があるため、1年を10等分した「月」が補助的に使われている地域もある。例えば惑星カンツの北半球では4000時~7000時が5月~7月とされ、季節は夏である。また、青玉の近日点が新年とされている。

S.C.暦は1454年前、スージ惑星にて惑星共通の暦を制定する席にて決定され、S.C.0年はこの暦を制定した年とされた。S.C.1319年、青玉星系共通の暦を設定する事になった時、その成り立ちに一切の政治・宗教的影響が無かったS.C.暦が採用された。
[PR]
by Cyanosphere | 2012-07-22 12:28 | まとめ

by Niyo2P / (・∀・)P